おーみんだよ。

おーみんだよ。

話題のニュースや役に立つ雑学をまとめています。

【Unity第六話】ゲームのスコアと時間を表示。

     f:id:bookreadkun:20181126224000p:plain

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

前回の「【Unity第五話】プレハブを用いて定期的に物体を発生させる。」にて、プレハブを用いて宇宙のゴミを発生させたよ~!という内容を書きました。

 

一応Unityに関してはこの記事を書く半年前にサラッと勉強はしているのですが、もうそんなに覚えていないので「ド素人」ということで宜しくお願いします(笑)

※半年前に勉強した内容は「Unityで色々なゲームを作ってみた」にまとめています。

 

それではUnity第六話へ行ってみましょう!

 

前書き

この記事は、プログラミングド素人がUnityを勉強していく様子をお伝えするものです。

 

細かな操作方法までは載せていません。

あくまでUnityの雰囲気と楽しさを伝えるのを目的としています。

 

参考書紹介

f:id:bookreadkun:20181121232626j:plain

『Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座』 夏木雅規、寺園聖文 著

 

ゲームのスコアと時間を表示

前回記事で宇宙空間に漂うゴミの様子まで作り上げました。

f:id:bookreadkun:20181126222254p:plain

 

ゴミがでかすぎるやろ!

 

というツッコミは置いといて・・・

 

最終的にはこのゴミを撃ち落としていくゲームを作る予定です。

 

今回の記事では、この画面上に撃ち落としたスコアと残り時間を表示させていこうと思います。

 

ヒエラルキービューから「GUI Text」を選択し、それぞれ「Score」「Timer」と名前を変更します。

※ヒエラルキービューが分からない人は「Unityの基本画面について」を参照してください。

 

「Score」のプログラムはスコア0を初期設定、void Update(){ にスコアが更新される内容を書き、

 

「Timer」のプログラムはbool関数を用いることで残り時間の有無を判断してそれぞれに応じたプログラムを書きました。

 

さあ!

プログラムも書き終わってゲームをスタートしてみると・・・

f:id:bookreadkun:20181126223541p:plain

 

おーーー!

タイトル画面がある!

左上にはスコアと残り時間も表示されました!

 

ということで、今日はここまでです。

 

次回は制限時間内にどれだけのゴミを撃ち落とせるか、という本格的なゲームにまで完成させていきたいですな~。