おーみんだよ。

おーみんだよ。

プログラミング、Unityなどのアウトプットを主に行っています。

プログラミング初心者がC++を触ってみた感想。

f:id:bookreadkun:20190503214252p:plain

 

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

 

 

僕は今現在、Unityというゲームエンジンとプログラミング言語C#を用いて色々なゲームやムービーを作っているのですが、ちょっと気分転換に他のプログラミング言語も触ってみたいな~と思いました。

 

どれにしようか迷ったんですが、どうせなら!とネット上で難しいと評判だったC++を触ってみましたよ~。

 

使った参考書は『猫でもわかるC++プログラミング』です。

 

C++を触った感想

 

 

 

まあ難しいっすよ(笑)

 

ちなみに使用した参考書『猫でもわかるC++プログラミング』はかなり良書でした。

サンプルコードも多くて多数の内容を詰め込んでいたので個人的には満足です。

 

ただしその分専門用語も多かったですし、その説明を後回し後回しにする傾向があったので完全なプログラミング初心者は1冊目に買うのは避けたほうがいいでしょうね~。

 

初心者がC++をやるべきか?

恐らくこの記事を読んでいらっしゃるということは、プログラミング初心者でC++に興味を持っているということでしょう。

 

ということで、「完全初心者だけどC++やるのはアリか?」という疑問にも一応答えておきます。

 

・・・

 

・・・

 

 

やらんほうがいい(笑)

 

 

割とマジですw

というのも、僕はC#やPython、その他のWeb系の言語を多数触ってからC++に挑んだんですが、それでもかなり苦戦したからです。

プログラミング完全初心者だったらほぼ確実に詰まるでしょう。というかポインタという単元あたりでやる気なくなって最後まで参考書を進めることなく終わると思います。

 

実際に僕も大学時代に初めてプログラミングを触りましたが、その時の言語がC言語だったんです。

ええ。意味不明すぎて速攻で挫折しましたよ。C++はCの拡張版みたいなものなのでC++でも恐らく同じだったはず。

 

それでもC++をやりたいんだ!という方はマジで頑張ってください。誰か相談できる方が近くにいらっしゃる場合でしたらチャレンジしてみるのもアリかもですね!