おーみんだよ。

おーみんだよ。

プログラミング、Unityなどのアウトプットを主に行っています。

【プログラミング】英語と日本語のツイートでの差。

f:id:bookreadkun:20190305073622p:plain

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

僕は今プログラミングを勉強中です。

主な言語としては、Webサイトを制作するHTML、CSS、jQueryとゲームを制作するC#(Unity)を学んでいます。

 

出来るだけ毎日継続して進捗をTwitterにアップしているのですが、英語と日本語でのツイートの差を感じたのでちょっと書いていこうと思います。

 

英語と日本語のツイートの差

プログラミングは世界共通です。

国によって言語の文法が変わったりすることはありません。となれば英語で世界に向けて発信したほうが人目に付きやすいのは当然ですが、どれくらい変わるのか気になるところです。

 

Webサイト系、ゲーム系の2つのツイートで試してみました。

 

【Webサイト系】

 

 (画像をクリックすると詳細が見られます。)

圧倒的な差ですね・・・

ちなみに英語圏の方からコメントが来たり、海外のプログラミングを勉強している方のdiscordに招待してもらったりもしました。

英語の勉強にもなりますし、良い事しかありません。

このツイートに関しては以下の記事にも感想をまとめています。

【英語の勉強方法】Twitterで外国人と絡む! - おーみんだよ。

 

【ゲーム系のツイート】

こちらはまだ英語でツイートして間もないのですが、以下のツイートを見て見ましょう。

 

 

インプレッションはこちら。

f:id:bookreadkun:20190305074903p:plain

 

続いて英語verです。

 

 

インプレッションはこちら。

 

f:id:bookreadkun:20190305075000p:plain

 

全体的に約3倍の人に見られていることが分かります。

 

英語のほうが見られる理由

まあ英語を話す人のほうが多いので、英語のほうが見られるのは当たり前なんですが、もう一つ理由があります。

 

それは英語圏の方の中に特定のハッシュタグを使ったツイートをRTしてくれる方がいらっしゃるんですね。

 

Web系なら#100DaysOfCode、ゲーム系なら#gamedevなど。

このRTしてくれる方が海外の方なので、その方のフォロワーさんも皆海外の方です。

 

せっかく拡散してくれても日本語では伝わりません。

 

まだゲーム系のほうのツイートは英語歴が短いので何とも言えませんが、全体的には英語でツイートしたほうが多くの方に見られるでしょう。

 

最後に

ちなみに僕は別に英語が得意とかではありません。

海外の方からDMが来たときはGoogleで熟語を調べながらヒイヒイ言って慌てて返信していたくらいです(速攻で返信来るのでキツかったw)。

 

でも何となくでも伝わるものです。

英語の勉強にもなりますし、気が向いた方はぜひ特定のハッシュタグを入れて英語でもツイートしてみてくださいな。

では!