おーみんだよ。

おーみんだよ。

話題のニュースや役に立つ雑学をまとめています。

【2018年10月版】Googleアドセンス通過後のアドセンス狩り対策

              f:id:bookreadkun:20181027140328p:plain

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

 

Googleアドセンス通過後はアドセンス狩り対策を!

先日、無事にGoogleアドセンスの審査を通過しました。

【2018年10月版】Googleアドセンス審査に合格する方法 - おーみんだよ。

 

もちろん嬉しいのですが、審査に通った後はどうすれば良いのか分からず色々ネットで検索して調べていたんですよ。

 

そしたら、どうも「アドセンス狩り」の対策をするべきだというサイトを多数見ました。

 

アドセンス狩りとは?

アドセンス狩りは、悪意を持った第三者がアドセンス広告を貼っているサイトから広告コードを取得して、違法サイト(アダルト系や暴力系)などへ貼りつけて元々広告を貼っていたサイトを規約違反として停止させる行為のことです。

 

僕らが苦労してGoogleアドセンスに通ったのに、そのコードを盗んで違法サイトに貼り付けることでGoogleは「あれ!?違法サイトに広告貼ってる!この前合格させたけど、違反しているので停止しよ~」となっちゃうんですね(笑)

 

いや!俺じゃないよ~~!と言いたいところなのですが、これは仕方ないのです。

 

どうやってアドセンスコードを盗むの?

Googleアドセンスを貼ってあるサイトで「右クリック」→「ページのソースを表示」を選択します。

 

そうすると、そのサイトを構成しているプログラムが出てくるのですが、その中の赤枠の部分がGoogleアドセンスのコードになります。

f:id:bookreadkun:20181027133141p:plain

 

ホントに丸見えなんですよね(笑)

 

ここをコピーされて違法なサイトに貼られるわけです。

 

アドセンス狩りの対策

  1. Googleアドセンスへログイン
  2. 左上の「≡」をクリック
  3. 「サイト」をクリック
  4. 「サイトを追加」から広告を許可するサイトのURLを入力

 

はてなブログの場合は「設定」→「詳細設定」→「headに要素を追加」にコードを入れればOKです!

 

要は自分が許可したサイトにしかアドセンス広告のコードは有効にならないよ~という設定です。

 

これで悪い人がコードを盗んで違法サイトに貼り付けても、そこから収益は発生しないのでGoogle様に怒られることはありません。

 

※2018年10月から仕様が変更になっています。

今まではGoogleアドセンス画面→「≡」→「設定」→「自分のサイト」という順で広告コードを有効化させていましたが、2018年10月から仕様が変わり、「自分のサイト」という項目が消えています。

 

僕は最初、意味が分からなくて「なんで『自分のサイト』がないんだ~!」となっていました。

 

Googleアドセンスのヘルプフォーラムで質問したところ、仕様が変更になっていることが分かりました。

f:id:bookreadkun:20181027135103p:plain

 

f:id:bookreadkun:20181027135122p:plain

 

教えてくださったお二方には感謝です。

ありがとうございました。

 

まとめ

せっかくGoogleアドセンスの審査に合格したにも関わらず、アドセンス狩り対策をしていなかったら元も子もありません。

 

違法サイトに広告を貼られていた場合、いくら自分がやっていないとしても広告は一発で停止させられます。

 

いつ標的になるか分からないので、しっかりと対策をしておきましょう。