おーみんだよ。

おーみんだよ。

プログラミング、Unityなどのアウトプットを主に行っています。

【Unity】ラグビーっぽいゲームを簡単に作ってみた。

f:id:bookreadkun:20190531203036p:plain

 

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

 

約2週間ぶりにUnityを触りましたw

 

サラッとリハビリ感覚でラグビーゲームを作ってみたのですが、やはりUnityは楽しいですね~。Unityを触ってなかったこの2週間はVisual StudioでWebアプリを作ったりしていたのですが、物体が動く「ゲーム」のようなものはまた違った面白さがあります。

 

Unityでラグビーっぽいゲームを作ってみた

 

それでは環境、扱ったアセット、そして大まかな作り方を以下に記載します。

 

環境

  • Windows 10
  • Unity 2019.1.4f1

 

扱ったアセット

 

大まかな作り方

作り方に関してですが今回のゲームは特に特殊なコードは書いておらず、ほとんど基礎的な内容(if文やCollider判定など)ですので特にソースコードの公開はしておりません。

強いて言えば相手が自分の方向に迫ってくる動きくらいがあまり知られていないだろうという感じですので、それに関しては以下の記事が参考になれば幸いです。

【Unity】追いかけてくる敵の作り方。 - おーみんだよ。

 

その他のゲーム要素は以下のような感じで作っています。

  • ラグビーゴールポスト

→Cylinder(シリンダー)オブジェクトで制作。

 

  • ラグビーゴールライン

→ペイント等で白いラインを作り、UnityにインポートしてTexture typeをSprite(2D and UI)に設定して配置。

 

  • 相手からのタックル

→一定距離内になったらタックルするように相手の動作スクリプトに設定(if文とVector3.Distanceにて)。タックルされたらCollider関数が発生し、You loseのUIが表示されるように設定。

 

  • Try(トライ)判定

→ゴールラインの向こう側にBox Colliderを配置し、Trigger Enter関数にてUIが表示されるようにプレイヤースクリプトへ設定。

 

  • プレイヤーの動き

→if文にて、矢印キーが押されたらその方向へ動くように(transform.position等)。スペースキーでヘッドスライディング設定。

 

という感じです。結構基礎的な内容ですので初心者の方は基礎確認目的で作ってみても良いかもしれないですね(敵が追いかけてくる部分以外)。