おーみんだよ。

おーみんだよ。

プログラミング、Unityなどのアウトプットを主に行っています。

【Unity】座っている状態から後ろに倒れるアニメーションを作る!

f:id:bookreadkun:20190413161105p:plain

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

今回の記事では「座っている状態から後ろに倒れるアニメーションの作り方」を紹介していこうと思います。

 

座っている状態から後ろに倒れるアニメーションの作り方

といっても、やり方は超簡単です。特にAnimationボタンからフレームごとにオブジェクトの位置等を設定するようなことは致しません。

 

使用するのは無料アセットの「Taichi」君です。

【Unity】おすすめの無料キャラクターアセットはTaichi! - おーみんだよ。

 

assetstore.unity.com

 

こちらに付属されているアニメーションの「sit_02」と「down_20_p」を用意してください。

 

UnityのTimelineを開いてこの2つを良い感じにくっ付けてみましょう。

※以下に掲載したTimelineでは「down_20_p」のアニメーションを複数くっ付けています。

f:id:bookreadkun:20190413161811p:plain

赤枠で囲った部分が、今回「sit_02」と「down_20_p」をくっ付けている部分です
(前者が緑枠部分、後者が青枠部分)。

 

しかし大体の予想は付くと思いますが、「down_20_p」のアニメーション立った状態から後ろに倒れ込みます。

 

となるとそのままくっ付けた場合、キャラクターは一度立ち上がってから後ろに倒れ込むという感じになってしまうでしょう。

 

そこで「down_20_p」のアニメーションバーの最初の部分をカットしてしまいましょう。

 

f:id:bookreadkun:20190413162449p:plain

 

上のバーの左側をクリックして右側にスライドします。

すると以下の写真のように左側に矢印が出ます。

 

f:id:bookreadkun:20190413162547p:plain

 

これで最初の部分(立っている状態)がカットされるようにし、倒れる部分だけを残します。

 

最終的にこの最初の部分をカットした「down_20_p」と「sit_02」をくっ付けると、以下のツイートに掲載した動画で青い人が驚いているアニメーションを作ることが出来ます(動画の7秒あたり)。

 

 

自分で1からアニメーションを作るとなると結構大変なんですが、こんな感じでTimelineを利用すると簡単に既存のアニメーションを組み合わせることが出来ますのでぜひ試してくださいませ!

 

また色々面白そうなことが分かり次第ブログに残していこうと思います。

では!