おーみんだよ。

おーみんだよ。

プログラミング、Unityなどのアウトプットを主に行っています。

プリザンター クロスプラットフォーム版 環境構築方法

f:id:bookreadkun:20190705072610p:plain

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

現在、OSSのWebデータベース「プリザンター」を触っています。

OSSのWebデータベース「プリザンター」を触ってみた。 - おーみんだよ。

 

今回の記事ではプリザンターLinux版の環境構築方法について解説していきます。

 

 

プリザンター クロスプラットフォーム版 環境構築方法

それでは早速見ていきましょう!

 

参考記事

・プリザンター公式サイト

GitHub - Implem/Implem.Pleasanter.NetCore: Pleasanter | Business application platform

 

・株式会社リーデックスさんの記事

プリザンター(クロスプラットフォーム版)をDocker上で動かしてみた - オープンソースWebDBのプリザンター(pleasanter)ブログ

 

・KIYSさんの記事

Windows環境にDocker Toolboxをインストールする - Qiita

 

環境

  • Windows10
  • Virtualbox 6.0.8
  • Vagrant 2.2.5
  • Docker 18.09.3

 

Virtualbox インストール

Virtualbox公式ダウンロードサイトへいき、赤枠で囲った "Windows hosts" をクリックします。

f:id:bookreadkun:20190705080021p:plain

 

ダウンロードが完成したらその.exeファイルをクリックし、インストールをしていきます。色々と細かな設定が要求されると思いますが、基本的には全部デフォルトで(全部そのままNextボタンを押していただいて)インストールして大丈夫です。

 

不安な方は別途検索してインストール手順等を見るのも良いかもですね。

 

Docker Quickstart Terminalのインストールと設定

Docker構築はDocker Toolboxを用いることで簡単に作っていきます。

 

基本的には先述したKIYSさんの記事の手順でインストールしていきます。

 

※ちなみに、僕は最後の方でVirtualboxも一緒にダウンロードした(チェックボックスにチェックを入れた)のですが、なぜかそれだと下のようなエラーが出てdockerが上手く起動できなかったんですよね~。。。

 

 

それでVirtualboxだけは先程書いた通り単独でインストールしています。

一緒にダウンロードするかどうかは皆さんに任せますw

 

さて、しっかりとdockerが起動出来れば以下のような画像になるかと思います。

f:id:bookreadkun:20190705082814p:plain

ここでもう2つ設定があります。

メモリはデフォルトの1024MBでは足りません。

 

なので一度「docker-machine stop」コマンドで電源を切っていただき、Virtualboxマネージャを開きます。

f:id:bookreadkun:20190705083311p:plain

赤枠で囲った「設定」ボタンをクリックしてください。

 

f:id:bookreadkun:20190705083345p:plain

 設定→システムを開き、メインメモリーの値を2048MBに設定しましょう。

 

※僕は2048MBに設定していますが、先述したリーデックスさんは4096MBに設定しています。とりあえず起動確認に関しては、2000MB以上ならば問題ないのでPCのメモリと相談しながら設定してください\(^o^)/

 

次にポートフォワードの設定を行います。

f:id:bookreadkun:20190705083951p:plain

 設定→ネットワーク→高度の▽ボタンを押し、赤枠で囲った「ポートフォワーディング」をクリックします。

 

f:id:bookreadkun:20190705084106p:plain

赤枠で囲った部分をクリックし、ホストポートとゲストポートを写真のように(緑枠)設定します。

 

これでdocker関連の設定は完了です。

 

SQL Serverコンテナの用意と構築

ここは先述したリーデックスさんの記事「SQL Serverコンテナの用意」「SQL Serverコンテナ上にビルド/実行環境を構築」通りにやれば問題ないでしょう。

 

# docker pull mcr.microsoft.com/mssql/server
# docker run -e 'ACCEPT_EULA=Y' -e 'SA_PASSWORD=Password1' -e 'MSSQL_PID=Express' -p 1433:1433 -p 80:80 --name sqlserver -d mcr.microsoft.com/mssql/server

 

# docker exec -it sqlserver bash

 

# wget -q https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/packages-microsoft-prod.deb
# dpkg -i packages-microsoft-prod.deb
# apt update
# apt install -y dotnet-sdk-2.2

プリザンターを用意する

こちらも先述したリーデックスさんの「プリザンターのソースを用意」を見てもらえば問題ないでしょう。

 

# apt install -y git

 

# git clone https://github.com/implem/implem.Pleasanter.NetCore /home/Pleasanter.NetCore
cd /home/Pleasanter.NetCore

 

SQL Serverの構成、ビルド、実行

こちらもこちらもこちらも!!!

先述したリーデックスさんの記事「SQL Serverのパスワードを設定」「ビルド、実行準備、実行」を見てもらえれば問題ないでしょう。

 

# apt install -y vim

 

# vi Implem.Pleasanter.NetCore/App_Data/Parameters/Rds.json

→パスワードを"Password1"に設定。

 

# chmod 744 cmdnetcore/*.sh

 

# cmdnetcore/build.sh

 

# cmdnetcore/codedefiner.sh

 

# vi cmdnetcore/pleasanter.sh

 →--urls=http://172.17.0.2:80に変更。

 

# cmdnetcore/pleasanter.sh

 

f:id:bookreadkun:20190705090540p:plain

 

上記のような画面になれば完成です。

 

ブラウザを開いてlocalhost:8080と入力してみます。

f:id:bookreadkun:20190705090622p:plain

 

完了~~~~!!!

 

最後に

以上でプリザンター クロスプラットフォーム版の環境構築は完了です。

 

もし分からない内容等がありましたらぜひコメントをくださいませ~。

 

プリザンターのGithubのIssuesにも時々現れて回答しているのでそちらでもお待ちしております\(^o^)/

github.com