おーみんだよ。

おーみんだよ。

話題のニュースや役に立つ雑学をまとめています。

【Unity第二話】Unityのシーンビューを操作してみたよ。

    f:id:bookreadkun:20181122225649p:plain

おはようございます。おーみん(@Ooooooomin_365)です。

 

前回の「【第一話】プログラミングド素人がUnityをやってみる。」にて、プログラミングド素人だけど、unityを始めてみたよー!という内容を書きました。

 

一応Unityに関してはこの記事を書く半年前にサラッと勉強はしているのですが、もうそんなに覚えていないので「ド素人」ということで宜しくお願いします(笑)

※半年前に勉強した内容は「Unityで色々なゲームを作ってみた」にまとめています。

 

それではUnity第二話へ行ってみましょう!

 

参考書紹介

f:id:bookreadkun:20181121232626j:plain

『Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座』 夏木雅規、寺園聖文 著

 

Unityの基本画面

それでは前回の続きから!

 

Unityを起動します。

 

f:id:bookreadkun:20181122223831p:plain

 

おおおお!

なんだこれ(笑)

変な部屋(?)がある。

 

これ実は上に載せた参考書が用意してくれたUnityサンプル画面です(笑)

本来はUnityを起動してもこんな画面は出てきません(本来の画面は後に載せています)。

3Dの画像も、ゲームに必要なプログラムも既に書かれており、言わば完成した画面ですねw

 

画面の各場所の名称と機能について以下に示します。

 

①ツールバー

シーンビューの操作方法を調節するところです。

 

②シーンビュー

ゲームを作成する画面です。この画面に直接プレイヤーや敵などを配置していきます。

 

③インスペクタービュー

シーンビューに配置した物体の大きさや角度などを調整する場所です。

 

④ヒエラルキービュー

シーンビューに配置する物体を保管する場所です。

 

⑤プロジェクトビュー

ゲームの中に含まれているサウンドやアニメーションを保存する場所です。

 

Unityの基本画面を触ってみた

 

さあ、それでは基本画面の大まかな説明は終わったので今度はまっさらなUnityを起動していきますぞーーー!!

 

f:id:bookreadkun:20181122225030p:plain

 

なんやこれは。まっさらやんけ!

 

ここから新しくゲームを作っていくんですな~。

 

とりあえず・・・

 

f:id:bookreadkun:20181122225212p:plain

 

立方体をシーンビューに出して、移動させてみたり(赤枠で調整)してみました。

 

他にもその立方体を回転させたり、拡大させたりと色々遊んでみましたよ~。

 

・・・

 

・・・

 

うん(笑)

今のところは「おおーー!なんか操作したらちゃんと動くやんけ!」という感じですね。

 

それでは今回はここまで!

 

また第三話もお楽しみに!